シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPドーセット、マレーシアでホテル10ヵ所を開設へ

経済

2009年7月6日

ドーセット、マレーシアでホテル10ヵ所を開設へ

〈スバン〉
ドーセット・インターナショナルは、向こう5年でマレーシア国内においてホテル、リゾートを新たに10ヵ所オープンする方針だ。
現在ドーセットが全国で運営するのは▽「シェラトン・スバン・ホテル&タワーズ」▽「グランド・ドーセット・ラブアン」▽「ドーセット・リージェンシー・クアラルンプール(KL)」▽「メイタワー・ホテル&サービスド・レジデンシズ・KL」▽「ドーセット・ジョホール・ホテル」――の5ヵ所。エディー・タン会長によると、親会社の香港上場企業、遠東発展有限公司はマレーシアでの新規開設に5億リンギを割り当てる方針だ。スリ・ハルタマス、チェラス、コタキナバル、ペナン、クアンタンまたはクランタンにおけるホテル、リゾートの建設計画が持ち上がっているという。
ドーセット・インターナショナルはマレーシアにおいて「グランド・ドーセット」「ドーセット・リージェンシー」「ドーセット・ホテル」「メイタワー・ホテル&サービスド・レジデンシズ」の4つのブランドの下、リブランディングを実施している。2010年までに様々な需要にあわせたホテル、リゾートの建設を目指す。
タン会長は、経済減速の影響に関して、「シェラトン・スバン」の現在の客室稼働率は70%で、「ドーセット・リージェンシー」は80%と大幅な落ち込みには繋がっておらず、今後は需要回復が見込まれるとコメント。MICE(企業等の会議、報奨・研修旅行、国際会議・見本市・展示会)部門でのホテル利用にも注力し、各ホテルでの施設整備を行う予定だと述べた。
今年3月末締めの同社通年決算で、ドーセット・リージェンシーは1億1,200万リンギ(約30億5,000万円)の売上げを計上。今年の目標売上げは1億2,500万リンギ(約34億円)に設定されている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPドーセット、マレーシアでホテル10ヵ所を開設へ