シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサンミナーSCIがクチン工場を閉鎖、約800人を解雇

社会

2012年11月5日

サンミナーSCIがクチン工場を閉鎖、約800人を解雇

〈クアラルンプール〉
米サンミナーSCIは、コスト削減を図り企業の再構築の一貫としてクチンの工場を10月30日に閉鎖した。1,077人の従業員のうち800人以上が解雇された。

同社はペナン工場でも運転をおこなっているが、ペナンでは引き続き運転を行う。

株式ニュースを扱うウェブサイト「シーキング・アルファ」によると、数年前にプリント基板の増産を中国の無錫で行っており、熟練チームが置かれている。クチン工場を閉鎖し無錫の新工場で運転を行う方針だ。無錫の新工場ではプリント基板の生産は行わず、今後も高い需要が見込める高技術を用いた商品の生産を行うという。閉鎖にともないクチン工場の機械設備等は無錫に移動させる方針だ。工場の閉鎖により300万~500万米ドル(約2億3,900万~3億9,840万円)のコスト削減が図れるという。

解雇された従業員らは10月31日、クチンの工場敷地内でデモを行った。デモは午前8時頃に始まり約200人が退職金の増額や政府の救済を訴え、大きな混乱もなかった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサンミナーSCIがクチン工場を閉鎖、約800人を解雇