シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマハティール元首相、与党UMNOに復党

政治

2009年4月7日

マハティール元首相、与党UMNOに復党

〈プトラジャヤ〉
マハティール元首相は4月4日、与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)総裁を兼任するナジブ首相と会い、UMNOへの復党を申請した。反目が伝えられたアブドラ前首相の退任に伴うもので、ナジブ首相はマハティール氏の復党がUMNOの強化に寄与すると述べ、歓迎の意を示した。
マハティール氏は復党の理由について「UMNOはいまだ私の心にある」と説明。アブドラ前政権を執拗に批判していたことについては、UMNOを支えるつもりでやったことであり破壊するつもりは毛頭なかったと強調した。また復党後にどの支部に所属するかは決めておらず、どこか自分を受け入れてくれる支部を探すと述べた。マハティール氏の地元はケダ州クバンパス地区。
またマハティール氏は、仮にナジブ内閣に入閣を求められたとしても応じる考えのないことを強調、政府が同氏に助言を求める際には喜んで応じると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマハティール元首相、与党UMNOに復党