シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP富士古河E&C、マレーシアに現地法人を設立

日系企業

2010年8月10日

富士古河E&C、マレーシアに現地法人を設立

〈クアラルンプール〉
富士古河E&Cは8月5日、海外事業強化の一環として、10月をめどにマレーシアに現地法人を設立すると発表した。東南アジアではすでに、タイ、ベトナム、フィリピン、カンボジアに拠点を持っている。
マレーシア子会社の資本金は100万リンギ(約2,700万円)で、富士古河E&Cの全額出資。クアラルンプール(KL)のパンダン・インダの「メナラ・マキシスエガル」に事務所を構える。電気工事、空調工事、情報通信設備工事、建築工事、エンジニアリングなどを手掛ける。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP富士古河E&C、マレーシアに現地法人を設立