シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPパハン州で工場11ヵ所が閉鎖、1,476人が失業

経済

2009年1月15日

パハン州で工場11ヵ所が閉鎖、1,476人が失業

〈クアラルンプール〉
パハン州政府人的資源・消費委員会によると、過去1年間で同州内の工場11ヵ所が閉鎖に追い込まれ、合計1,476人が失業したという。人員削減を実施した工場は18ヵ所、業務縮小は3ヵ所あった。
ある電子メーカーは受注減少のために1月16日に工場を閉鎖する予定で、約750人が新たに失業する見通しだ。こうしたリストラを実施する企業では、売り上げが10~50%落ちているという。リストラに及ばなくても、残業カットや部分的休業、成績に応じて5~20%の給与カットを行っているところも増えている。
一方、ケダ州労働局によると、スンガイ・プタニでは昨年10月以降の3ヵ月間に電子メーカー10社が合計694人の人員カットに踏み切った。工場6ヵ所が165人を解雇、4ヵ所が529人をレイオフを実施した。削減に遭った労働者の95.5%がマレーシア人だという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPパハン州で工場11ヵ所が閉鎖、1,476人が失業