シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、MPVの発売を4月に延期  株式売却報道は否定

経済

2009年1月15日

プロトン、MPVの発売を4月に延期  株式売却報道は否定

〈クアラルンプール〉
国民車メーカー、プロトン・ホールディングスのサイド・ザイナル・アビディン社長は1月13日、当初3月末に予定していた多目的車(MPV)の発表を4月に延期すると発表した。理由は明らかにしていない。「サガ」と「ペルソナ」に続くプロトンの「適正な車を適正な市場に、適正な価格で販売する」という戦略の一環で、業界関係者も期待を寄せている。7月にはインドネシアへの輸出も開始する予定だ。
サイド社長はまた、同社のナズミ・モハマド・サレー新会長が「ビジネス・タイムズ」のインタビューに対して、プロトンが日本または米国の自動車メーカーとの間で業務提携契約、もしくは最大29%のプロトン株売却契約を結ぶ可能性があると述べたとする報道に対して、これを否定。ナズミ会長の発言は過って引用されたとし、日本や欧米の自動車メーカーと交渉を行なっていることは認めたものの、製品開発に関する交渉だとして業務提携に向けたものではないとコメント。提携に関する決定を下すには時期尚早だと述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、MPVの発売を4月に延期  株式売却報道は否定