シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、今年の販売目標は3.5万台に設定

日系企業

2009年1月14日

ホンダマレーシア、今年の販売目標は3.5万台に設定

〈クアラルンプール〉
ホンダ・マレーシアは、2009年の年間販売目標台数を3万5,000台に設定、市場シェア8.8%の獲得を目指す方針だ。藤本敦社長兼最高経営責任者(CEO)は1月12日に発表した声明の中で、今年の市場総需要量(TIV)を40万台と予想した。ホンダは2008年には3万 2,486台数を販売、目標としていた3万3,000台には届かなかった。
ホンダは、今年は景気後退の影響で自動車業界全体にとって厳しい年になると予想しているが、顧客満足を最優先課題とし、新モデルの投入などを積極的に進める方針だ。今年は「シビック」と「ストリーム」のフェイスリフト車などを発表する予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、今年の販売目標は3.5万台に設定