シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPコーズウェイの徒歩通行禁止で利用者が不満

社会

2009年1月12日

コーズウェイの徒歩通行禁止で利用者が不満

〈ジョホールバル〉
ジョホールバルとシンガポールを結ぶコーズウェイ(連絡道)横に税関、出入国管理局、検疫(CIQ)の3機能を合わせた新合同庁舎が昨年末にフル開業し、これに伴い連絡道の徒歩による通行が禁止されたが、公共交通機関の不足のために通勤・通学客らが不便をかこっている。
これまでラッシュアワーに渋滞を避けて徒歩で通行していた人たちもバスなどに乗ることを余儀なくされたが、バスの本数が少ないことなどから通勤・通学に要する時間が長くなっているという。
シンガポールの学校に通うある21歳の女子学生は、昨年のクリスマス・イブの夜についにバスに乗ることができず、シンガポールの友人宅に泊めてもらわざるを得なくなった。歩行者専用レーンがないため徒歩通行は危険だが、中には規則を破って通行している者もいるもよう。ジョホール州出入国管理局は、危険なので徒歩通行しないよう呼びかけている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPコーズウェイの徒歩通行禁止で利用者が不満