シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP半島東海岸の洪水被害が拡大、避難民が5千人突破

社会

2009年1月6日

半島東海岸の洪水被害が拡大、避難民が5千人突破

〈クアンタン〉
マレーシア半島東海岸を襲った集中豪雨による洪水で、▽パハン▽クランタン▽トレンガヌ――の3州の避難民の数は1月5日午後1時時点で5千人に達している。
もっとも被害の大きいパハン州では、避難民が一晩で2,921人から3,776人に増加。クアンタン地区が2,768人と半数以上を占め、ペカン地区も1千人以上に達した。依然として多くの道路が通行止めとなっている。
クランタン州も、避難民が623人から801人に増加した。パシル・マス地区が537人ともっとも多くなっている。新学期が5日に始まったが、同州では6地区で38の小中学校が閉鎖となり、3万人以上の学生が待機を余儀なくされている。
トレンガヌ州も避難民が349人から445人に増加。クママン地区の被害が悪化し避難民が407人ともっとも多くなっているが、セティウ地区は改善に向かっているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP半島東海岸の洪水被害が拡大、避難民が5千人突破