シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアのIT支出、来年は6.4%増加=米ガートナー

IT

2013年8月1日

マレーシアのIT支出、来年は6.4%増加=米ガートナー

〈クアラルンプール〉
情報通信(IT)リサーチ会社の米ガートナーは、マレーシアにおけるIT支出が来年、前年比6.4%増の619億リンギ(約1兆8,672億円)となると予想している。

通信サービスへの支出が339億リンギ(約1兆226億円)、IT機器が133億リンギ(約4,012億円)、ITサービスが98億リンギ(約2,956億円)、ソフトウェアが33億リンギ(約995億円)、データセンターのシステムが17億リンギ(約513億円)となると見込まれている。

世界全体におけるIT支出について、ガートナーは今年の3兆6,000億米ドル(約352兆8,020億円)から2%増の3.7兆米ドル(11.9兆リンギ、約362兆6,020億円)となると予想している。年初には4.1%と予想していたが下方修正した。米ドル為替の変動やIT機器への支出増加を下方修正の要因に挙げている。

IT機器への支出も当初予想の7.9%から2.8%に下方修正した。第1四半期におけるパソコン(PC)の売り上げの減少は第2四半期も続いたが、下半期は若干回復すると見込んでいる。下半期には新商品が発表されるが、PC市場の停滞を補うことはできないと指摘している。

タブレットの売り上げは来年、前年比2.8%、携帯電話は同7.4%となると予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアのIT支出、来年は6.4%増加=米ガートナー