シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP湾岸諸国とのFTA、イスラム金融重視路線で

政治

2010年4月28日

湾岸諸国とのFTA、イスラム金融重視路線で

マレーシアは湾岸協力会議(GCC)と締結交渉を進めている自由貿易協定(FTA)にイスラム金融など有望分野を含める方針だ。両者は1年余り前に交渉を開始した。
マレーシア国際イスラム金融センター(MIFC)への投資を勧める説明会における会見で、駐アラブ首長国連邦(UAE)マレーシア大使のヤハヤ・アブドル氏は「マレーシアとして、FTAではイスラム金融、建設、情報通信技術(ICT)、再生可能エネルギー、建設、観光を重視する」と語った。
FTA交渉ではマレーシアは、GCC加盟6ヵ国すべてと協議を進めているため、まとまるまでまだ時間がかかる見通しだという。マレーシアはトルコ、欧州連合(EU)ともFTA交渉を計画している。
MIFC使節団は政府当局者、業界関係者らで構成しており、団長はペラ州のナズリン・シャー君主。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP湾岸諸国とのFTA、イスラム金融重視路線で