シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国の経済成長は脅威ではない=マハティール元首相

政治

2010年4月26日

中国の経済成長は脅威ではない=マハティール元首相

〈クアラルンプール〉
マハティール元首相は4月26日、マレーシア全国商工会議所(NCCIM)主催のフォーラムにおける基調演説で、中国の経済成長はマレーシアにとって脅威ではなく、むしろ有益なものであるとの考えを示した。
マハティール氏は、マレーシアは中国の成長を過度に恐れるべきでなく、世界経済の成長に貢献するととらえるべきだと指摘。今後中国製の商品がさらに増え、我々は消費者側となるが、専門技術などを提供することも可能だとした。また、多くのマレーシア企業が中国に投資しているが、中国系マレーシア人は言語と文化を中国人と共有しているため、二国間の架け橋となることができるだろうと述べた。
マハティール氏は中国は今後世界で最も力のある経済に発展すると見込まれており、マレーシアは中国との友好関係を保つべきだと述べた。
また、中国企業は中国での技術力の高まりや労働コストが安価なことからマレーシアへの外国直接投資(FDI)を減らしすつあるが、マレーシアでの労働コストはタイと比べても高い水準になっていると指摘。マレーシアは高付加価値産業の振興を図り、高所得化を図るべきだと述べた。
また今後中国は発展を続け、米国経済はもはや世界で最も影響力のある経済ではなくなる時代が来るだろうと語った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国の経済成長は脅威ではない=マハティール元首相