シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP独禁法&独禁委員会法が成立、発効は2011年半ば以降

政治

2010年4月26日

独禁法&独禁委員会法が成立、発効は2011年半ば以降

〈クアラルンプール〉
国会は4月21日、独占禁止法案と独占禁止委員会法案を承認した。寡占的商慣行を予防するための法で、来年中ごろから末にかけ施行される予定だ。
イスマイル・サブリ国内取引消費者行政相によると、これまでマレーシアには独占やカルテルを規制する法律がなかった。新法成立で、企業または企業間組織による、競争を阻害する行為が禁止される。
支配的立場にある組織による価格、供給の操作や、不当な商慣行が防止されるため、小規模企業や消費者の利益になるという。違反の罰金は最高500万リンギ(約1億4,700万円)で、再犯の場合は1,000万リンギ(約2億9,500万円)。
委員会法に基づき設けられる独占禁止委員会が法の運用に当たり、違法行為を摘発する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP独禁法&独禁委員会法が成立、発効は2011年半ば以降