シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP国民車プロトン、今年の国内販売台数6~7%増見込む

社会

2010年4月23日

国民車プロトン、今年の国内販売台数6~7%増見込む

〈クアラルンプール〉
国民車メーカーのプロトン・ホールディングスは、消費者心理の改善や売れ筋モデルへの強固な需要、既存モデルのバリエーションや新型モデルの投入により、今年の国内販売が6~7%増加すると見込んでいる。
サイド・ザイナル社長は、国内販売状況の明るい見通しを示した上で、あくまで注力すべきは海外マーケットであると強調。輸出拡大にも大いに期待していると述べた。
プロトンは今年、第4四半期をめどに「ワジャ」の代替モデルとなる新型車の発売を予定、また既存モデルのバリエーションもしくはマイナーチェンジ・モデルの投入を予定している。
売れ筋モデルの「サガ」、「ペルソナ」、「イゾラ」の予約は、ここ数ヵ月間でそれぞれ7,000台、4,000台、2,500台と好調を維持。プロトンでは、販売代理店や自動車ローンの金融会社などとの協力によりさらに販売台数の上乗せが可能だとみている。
前年度の9ヵ月決算(昨年4~12月期)では売り上げが16%増の59億リンギ(約1,718億円)に拡大、純利は10倍の2億1,630万リンギ(約63億円)に達していた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP国民車プロトン、今年の国内販売台数6~7%増見込む