シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPダイハツ系のプロドゥア、3月の販売が過去最高を記録

日系企業

2010年4月15日

ダイハツ系のプロドゥア、3月の販売が過去最高を記録

〈クアラルンプール〉
国産車メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は、3月の販売台数が単月で過去最高となる1万8,500台に達したことを明らかにした。これまでの最高は2008年7月の1万7,050台だった。
車種別では「マイヴィ」が7,048台でトップとなり、「ビバ」が6,671台、「アルザ」は4,777台だった。昨年11月に発売した「アルザ」の予約台数は累計2万7,000台に達しており、1万6,000台をすでに納車した。また修理・点検などのサービシング実施は延べ14万8,000台に達し、過去最高だった2009年7月の14万5,000台を上回った。
第1四半期の販売台数は、前年同期比24.5%増の4万7,800台となり、市場シェアは24.5%に拡大したとみられている。プロドゥアでは、例年第2四半期の販売が第1四半期を上回ることから、景気回復も伴って5万台を予想している。通年の販売目標は17万6,000台としており、市場シェアは31.1%を確保できると見込んでいる。第1四半期の生産台数は4万9,725台で、3万7,867台だった前年同期から31.3%の増加となった。
プロドゥアは輸出を強化する方針で、現在2%にとどまっている総販売台数に占める輸出台数の割合を3年内に5%、5年内に10%にそれぞれ引き上げる目標を掲げている。
今年の設備投資の予算額は1億4,000万リンギ(約40億円)で、生産施設のアップグレードに1億リンギ(約29億円)、2,000万リンギ(約5億7,700万円)を新たな倉庫建設、残りを来年3月までの発表を予定している新モデルの生産に充てる計画だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPダイハツ系のプロドゥア、3月の販売が過去最高を記録