シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年の自動車販売、最高記録更新の勢い

経済

2010年4月16日

今年の自動車販売、最高記録更新の勢い

〈ペタリンジャヤ〉
2010年の国内の自動車市況はここまで順調にきており、通年の販売台数は過去最高だった2005年の55万2,316台を上回るとの見方が強まっている。マレーシア自動車協会(MAA)は今年の販売台数を55万台と予想している。
OSKリサーチのアハマド・マグフル・ウスマン自動車産業アナリストは、今年の販売台数はMAAの予想を超えると予想。最高記録を更新するだろうと予想した。
MAAのアイシャ・アハマド会長は、今年3月の販売台数はおおむね全ての自動車会社において記録的水準だったと報告。詳細を4月下旬までに発表すると語った。販売台数予想については慎重に捉え、見直しは行わないと述べた。今年後半には政府が燃料補助金の廃止を発表すると予想されており、自動車販売数にややマイナス影響が出るとみられている。
フロスト・アンド・サリバン(F&S)のカヴァン・ムクヤル アジア太平洋自動車・輸送業調査部門長は、今年第1四半期(1-3月)は需要の大きな増加と経済回復が販売台数の伸びに大きく貢献したと分析。融資認可率も安定しており、消費者にとって購入しやすい雰囲気は順調に続き、今年末にやや落ち着くのではないかと予想した。F&Sは2010年の販売台数は55万5,000台と、過去最高を若干上回ると予想している。
自動車メーカーのホンダ及びプロドゥアは先ごろ、3月の販売台数がそれぞれ4,041台、1万8,500台と過去最高を記録したと発表した。高級車部門も好調で、BMW は新発売のスポーツ多目的車(SUV)、「BMW X1」が既に40 台の予約を受けていると報告した。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年の自動車販売、最高記録更新の勢い