シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP来年末には1米ドル=3.05リンギも=クナンガ

経済

2010年4月20日

来年末には1米ドル=3.05リンギも=クナンガ

〈クアラルンプール〉
クナンガ・インベストメント・バンクの調査部門は為替相場について、上昇要因だけでなく、先進国経済の先行き不透明という波乱要因もあるとし、先行き3~6ヵ月は1米ドル=3.15~3.3リンギの範囲で変動するとの予想を示した。来年末までには1米ドル=3.05リンギまでリンギ高が進むと予想している。
ムスタパ・モハメド通産相は4月14日、ゴム手袋メーカーのスーパーマックス工場を訪問した際の会見で「対米ドル相場でのリンギ上昇はマレーシア経済の強さを反映したもので、懸念材料とならない」との認識を示した。
ムスタパ氏は「リンギ高で輸入品が安くなる。また輸出品の原料の多くは輸入に依存している」と説明した。
スーパーマックスのタイ・キムシム会長によると、ゴム手袋生産国であるタイ、インドネシアの通貨も値上がりしており、マレーシアの手袋メーカーは国際競争力を維持できるという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP来年末には1米ドル=3.05リンギも=クナンガ