シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP対中国貿易額、1~2月はマレーシアがASEANトップを堅持

経済

2010年4月2日

対中国貿易額、1~2月はマレーシアがASEANトップを堅持

〈クアラルンプール〉
中国商務部が3月30日に発表した最新の貿易統計によると、マレーシアは東南アジア諸国連合(ASEAN)における対中国貿易額トップを堅持した。今年年初2ヵ月のマレーシア−中国間の二国間貿易額は100.2億米ドル(約9,350億円)で、中国の対ASEAN貿易額の4分の1を占めた。
中国−ASEAN間の年初2ヵ月の貿易額は391.1億米ドル(約3兆6,490億円)。昨年同期から66.4%の増加を記録した。
中国からマレーシアへの輸出額は前年比59.7%増加し、34.8億米ドル(約3,250億円)になり、マレーシアからの輸入額は103%増加し65.4億米ドル(約6,100億円)となった。
1月の中国−マレーシア間の貿易額は54.8億米ドル(約5,110億円)で内訳は輸出が20.3億米ドル(約1,890億円)、輸入が34.5億米ドル(約3,220億円)となった。2月の二国間貿易額は 45.3億米ドル(約4,230億円)となった。
2009年の中国−マレーシア間の貿易額は519.63億米ドル(約4兆8,490億円)で、輸出が196.3億米ドル(約1兆8,320億円)、輸入が323.3億米ドル(約3兆170億円)だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP対中国貿易額、1~2月はマレーシアがASEANトップを堅持