シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスズキマレーシア、純正エンジンオイルを発表

日系企業

2010年4月5日

スズキマレーシア、純正エンジンオイルを発表

〈クアラルンプール〉
スズキ・マレーシア・オートモビル(SMA)は、独自に開発した純正エンジンオイルを発表した。
マレーシアで販売されているスズキ車向けのエンジンオイルで、スズキブランドのエンジンオイルを発売するのはマレーシアが世界で初めてとなる。同エンジンオイルはペトロナス・ダガンガンとペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナル(PLI)が共同開発し、スズキが承認した。日本のスズキ自動車は蘭シェルブランドのエンジンオイルを使用しているという。
SMAのイブラヒム・マイディン社長によると、マレーシアでのプレゼンスを確立した後、域内での販売も予定している。
今回発売されたエンジンオイル「API SM」は4リッター・バージョン2タイプで、完全合成タイプ(138リンギ、約3,915円)と準合成タイプ(82リンギ、約2,326円)がある。マレーシア半島部に24ヵ所、サバ・サラワクに2ヵ所あるSMAのサービス・センターで購入できる。スズキの技術基準に合わせた環境に優しい添加システムを採用しているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスズキマレーシア、純正エンジンオイルを発表