シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビジネス環境ランク、マレーシア20位に浮上 「与信獲得」はトップ...

国際

2008年9月11日

ビジネス環境ランク、マレーシア20位に浮上 「与信獲得」はトップ評価

〈クアラルンプール〉
世界銀行と国際金融公社(IFC)が9月10日に発表した「ビジネス環境の現状2009」の「ビジネスをしやすい国」ランキングで、マレーシアは181カ国・地域のうち20位となり、前年から4ランク上げた。マレーシアは25位だった2007年から3年連続のランクアップとなった。

同ランキングは、規制緩和の度合を▽新規参入▽建設認可▽雇用▽不動産登記▽与信獲得▽投資家保護▽納税▽国際貿易▽契約の有効性▽事業閉鎖一一の10の指標に基づき順位をつけたもの。東南アジア諸国連合(ASEAN)と日・中・韓、香港、台湾の中では、マレーシアは前年と同じく5位となった。アジアのランク上位は、シンガポール(世界1位)、香港(世界4位)、日本(世界12位)、タイ(13位)の順。日本の順位は昨年と変わらなかった。タイは昨年の19位から大幅に順位を上げた。
マレーシアは、10の指標中の4項目で改善。「与信獲得」が3位から1位になったほか、「納税」が56位から21位に、「契約の有効性」が63位から59位に、「建設認可」が105位から104位に、それぞれ上昇した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビジネス環境ランク、マレーシア20位に浮上 「与信獲得」はトップ...