シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP水道使用量最多のペナン州、6月より「使いすぎ」に罰則へ

社会

2010年2月26日

水道使用量最多のペナン州、6月より「使いすぎ」に罰則へ

〈ペナン〉
2008年の調査によるとペナン州民は1人1日当たり285リットルの水道水を使っており、他の州と比較しても使いすぎだという。リム・グアンエン州首相は、最低でも10%の水道使用量削減を目指す方針であることを明らかにし、使いすぎの人に対する罰則規定を3月にも公表する予定であることを明らかにした。国連(UN)が定める標準使用量165リットルを超えた場合がペナルティ対象で、6月にも施行する。
ペナン州の水道使用量が多いのは、全国一水道料金が安い(1立方メートル=31セン、約8円)ためとみられる。ペナン州に次いで水道水の使用が多かったのはマラッカ州(268リットル)で、これに▽ネグリ・センビラン州(239リットル)▽ケダ州(236リットル)▽セランゴール州(234リットル)▽ ジョホール州(207リットル)――が続いたとされる。
ペナン州のダム3ヵ所の貯水量は84~95%と高く、最も貯水率の低いアイル・イタム・ダムでも現時点の貯水量は100日分あるという。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP水道使用量最多のペナン州、6月より「使いすぎ」に罰則へ