シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPハイテクがロシアとの協力で有望、リー顧問相

国際

2008年4月3日

ハイテクがロシアとの協力で有望、リー顧問相

ラッフルズ・シティー・コンベンションセンターで4月1日、ロシア・シンガポール・ビジネスフォーラムが開催された。今年が3回目で、リー・クアンユー顧問相は、生命科学、情報技術(IT)、水処理技術など、ハイテク分野で両国の提携が有望との見解を示した。
協力の可能性を参加者から問われたのに対しリー顧問相は、「ロシアには経験を積んだ科学者、研究者が多数いる。インターネット時代の今、ロシアとシンガポールのどちらで働くことも可能だ」と述べた。
会議は、国際企業庁、スイスのUBS、ロシアの投資銀行、トロイカ・ダイアログ・グループが共同で開催した。
リー顧問相は最近のロシアの変化に触れ、「ソ連崩壊の後、新しい種類のロシア人が誕生した」と指摘。「かつてシンガポール駐在のロシア人ビジネスマンは政府機関派遣の駐在員だったが、今やロシア政府職員は、自由市場経済や生産性改善を学びに来る」と述べた。
フォーラムにはロシアからナルイシキン副首相が参加。ロシアの最近の経済発展ぶりを説明し、今後も経済を多様化すると表明。投資を呼び掛けた。
シンガポールは6月に、100社ほどの企業の代表者で構成する大型視察団をロシアとウクライナに派遣する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPハイテクがロシアとの協力で有望、リー顧問相