シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサービス収支、GDP比91%に

経済

2008年4月2日

サービス収支、GDP比91%に

シンガポールのサービス収支は国内総生産(GDP)比で、2000年の62%に対し06年は91%に達したことが、統計局が3月31日、公表した06年統計から分かった。
同年の収支は42億Sドル(約3,021億円)の赤字で、前年の45億Sドル(約3,237億円)より縮小したもの、依然、赤字が続いている。金融サービス、ロイヤルティーで改善が見られた。
サービス輸出は10%増の970億Sドル(約7兆円)。輸送、旅行、金融サービス輸出が増加した。サービス輸入は9%増の1,012億Sドル(約7兆円)で、輸送、ビジネスサービス分野の輸入が増加した。
サービス収支の多くは輸送、貿易関連、旅行サービスで、輸出の70%、輸入の60%を占めた。
輸送にはモノの移動、船舶賃借、旅客輸送・同支援部門が含まれる。貨物輸送の増加を背景に、輸送収入は334億Sドル(約2兆円)に6%増加。支出は4%増の351億Sドルだった。
旅行部門の収入は16%増の114億Sドル。入国者の増加が貢献した。旅行支出は5%増の174億Sドルだった。 ライセンス、著作権、特許、商標、工業意匠料などロイヤルティー収入は2%減の10億Sドル、支出は9%減の141億Sドルだった。
国・地域別で最大のサービス輸出国は米国で、輸出額は18%増の127億Sドル。全体の16%を占めた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサービス収支、GDP比91%に