シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマラッカ海峡で海賊、タイのタンカーが被害に

社会

2008年4月30日

マラッカ海峡で海賊、タイのタンカーが被害に

〈バンコク〉
シンガポール領に近いマラッカ海峡で4月24日、タイのタンカーが海賊被害に遭っていたことがわかった。
タンカー「パトラワリン2」(992トン)のピニット・ラタナパン船長が「バンコクポスト」に語ったところによると、同船は4月22日にタイ湾のラヨーンを出港。アンダマン海のプーケット島までジェット燃料を輸送する途中で、スピードボートに乗った6人の武装海賊に襲われたという。海賊はディーゼル・タンカーだと思って襲ったようだったが、積荷がジェット燃料だと判明し、船内や乗組員から金目のもの60万バーツ(約200万円)相当を奪っただけで逃げた。 海賊は乗組員に英語で話しかけたが、仲間同士ではインドネシア語で話していたという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマラッカ海峡で海賊、タイのタンカーが被害に