シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP情報通信技術産業、年10%の成長見通し

IT

2008年4月24日

情報通信技術産業、年10%の成長見通し

〈クアラルンプール〉マレーシアの情報通信技術(ICT)産業は向こう数年間、アジア域内で最も高い水準である年率10%程度の成長を続ける見通しだ。マキシマス・オンキリ科学技術革新相が4月22日に開幕した、「国際ソフトウェア・アーキテクト協会(IASA)ITアキテクト域内会議」で述べた。
2007年にはマレーシアのICT 産業は前年比10%の伸びを示し、国内総生産(GDP)において400億リンギ(約1兆3,200億円)の貢献をした。オンキリ大臣は、先のマレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)の調査で、2007 年末時点におけるブロードバンド利用人口が136 万人に達したことや携帯電話普及率が72%に達していることを例示し、マレーシア人がICTを受け入れ、政府が押し進めている知識ベース型社会の構築を支持していると強調した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP情報通信技術産業、年10%の成長見通し