シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLの聖火リレーで日本人家族が保護

社会

2008年4月22日

KLの聖火リレーで日本人家族が保護

〈クアラルンプール〉 北京オリンピック聖火リレーのクアラルンプールにおける出発地点であるムルデカ広場で4月21日午後、聖火リレー出発直前にチベット独立の旗を持っていた日本人3人家族が中国人らともみ合いになり、警察に保護されるという出来事があった。
「星洲日報」が目撃者の話として伝えたところによると、保護されたのは夫婦と男の子の3人で、外国のメディアの取材を受けた夫がバッグからチベット独立の旗を取り出そうとしたところを見物に来ていた中国人留学生が発見。3人は中国人の集団に囲まれ、罵声を浴びせられた上でプラスチックの棒で殴られるなどの暴行を加えられたという。警察が間に割って入って、まもなく3人を現場から連れ去った。またチベット独立を叫んでいた英国人女性1人がやはり、中国人と口論となり警察に連行された。
ムルデカ広場には中国人留学生ら1千人以上が集まっており、「台湾、チベットは中国のものだ」などと口々に叫んだり、愛国歌を歌ったりしていた。
聖火リレーは午後2時半ごろ、ムルデカ広場を出発し、16.5キロメートルの距離を80人の走者がつないで午後6時にペトロナス・ツインタワーに隣接するジャラン・アンパンに到着した。警察当局よると、リレー中にはトラブルは起きなかったという。
クアラルンプールでは18日には、中国政府が北京オリンピックを口実に法輪功に対する弾圧を強めていることへの抗議として数十人の法輪功メンバーが中国大使館前でデモを行う騒ぎが起きており、マレーシア警察は聖火リレーのコースに1,000人の警官を配備して、警戒を強めていた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLの聖火リレーで日本人家族が保護