シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP米ディズニー、ジョホール進出についてカザナと協議

経済

2008年4月18日

米ディズニー、ジョホール進出についてカザナと協議

〈クアラルンプール〉
マレーシア政府は、ジョホール州で計画中のイスカンダル開発地域(IDR)における米ディズニー運営のテーマパーク誘致について協議を行っていることを明らかにした。
政府系投資会社カザナ・ナショナルのスポークスマンによると、ディズニーその他複数の企業と協議中だが、まだ予備的な段階であると発表、ただディズニー以外の企業名は公表しなかった。
IDRプロジェクトが民間投資家に公開されて18カ月あまり経ったが、政府は、テーマパークの誘致により国内最大の不動産プロジェクトである同計画の開発に弾みをつけ、シンガポールで2010年に開業予定のカジノやユニバーサル・スタジオなどの複合娯楽施設に対抗したい考えだ。
イスカンダル地域開発公社(IRDA)のイクマル・ヒジャズ・ハシム最高責任者(CEO)は、「ディズニーは現在協議中の企業の中で見込みのありそうな企業のうちの一社だ。年内もしくは来年中ごろには正式に発表できると思う」と語った。なお、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは4月15日、東南アジア地域にテーマパークを建設する可能性があると発表したが、建設場所や時期などの詳細については明らかにしていない。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP米ディズニー、ジョホール進出についてカザナと協議