シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLIA格安ターミナルで一般タクシーがストライキ

社会

2008年4月16日

KLIA格安ターミナルで一般タクシーがストライキ

〈セパン〉
クアラルンプール(KL)新国際空港(KLIA)の格安航空ターミナル(LCCT)で4月14日、一般タクシーがストライキを実施し、数百人の利用者に影響が出た。なお高級タクシーや空港バスは通常通りに営業を行った。
タクシー・クーポンの窓口販売において、一般タクシーのクーポンをわざと売らないといった不正が行われているというのがストライキの理由。ストライキを行ったタクシー運転手は600人にも及んだ。
タクシー運転手福祉協会の幹部によると、一般タクシー運転手らはクーポン販売を請負っているメスラ・インダ・ジャヤ社が高級タクシーの方へ利用者を誘導し、一般タクシーのクーポン販売を減らしたと主張している。実際、一般タクシー乗り場に比べて利用者が圧倒的に少ない高級タクシーが、同日に限っては数倍の利用者が順番を待って並んでいたという。
メスラ・インダ・ジャヤ社の幹部は、窓口職員にそうした指示を行ったことはないと強調。
一般タクシー運転手からの苦情については調査すると述べた。一般タクシー運転手は、9%もの手数料や高速料金の負担についても不満を募らせているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLIA格安ターミナルで一般タクシーがストライキ