シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2007年の中小企業向け融資、総額630億リンギ

経済

2008年4月7日

2007年の中小企業向け融資、総額630億リンギ

〈クアラルンプール〉 中央銀行バンク・ネガラは2007 年の年間報告の中で、中小企業(SME)向け融資承認件数が13万2,000件、総額632億リンギ(約2兆円)に達したと明らかにした。11万件、510億リンギ(約1兆6,210億円)とした銀行及び開発金融機関(DFI)の融資目標を大きく上回った。2007年までの融資案件は62万5,167件、総額1,280億リンギ(約4兆684億円)に達した。
銀行によるSME融資承認件数は10万9,497件、総額551億リンギ(約1兆7,513億円)で、DFIはそれぞれ2万3,477件、81億リンギ(約2,575億円)だった。銀行の融資申請額は991億リンギ(約3兆1,498億円)で38.8%の伸び、承認額は37.1%の伸びを示した。DFIにおける融資承認額は17.9%の伸び、実際の融資額は43億リンギで15.5%の伸びとなった。
2006年に5.1%伸びた貸付残高は、2007年は9.1%の伸びとなった。不良債権比率は3.1%減って104億リンギ(約3,306億円)。

■通産省傘下のSME融資、倍増目指す■
ムヒディン・ヤシン新通産相は4月3日、通産省傘下の公的企業によるSME向け融資を、2007年の2倍に当たる5億リンギ(約159億円)に増やしたい考えを明らかにした。同省傘下の政府系金融機関はマレーシア工業開発金融(MIDF)と中小企業開発公社(SMIDEC)の2社。2007年度のSME向け融資額は2億2,300万リンギ(約71億円)だった。
同相は、SMEが国内経済の19%を占めると指摘、特に急成長が見込まれる物流、健康、観光、教育の業界に力を入れて融資を行っていくと語った。今まではSME融資は主に製造業で行われてきたが、今後サービス業をどのようにサポートしていくかをMIDF、SMIDECと検討、1カ月内にサービス業向けの新商品を出す予定だという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2007年の中小企業向け融資、総額630億リンギ