シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP野党3党、連合体「人民同盟」を結成

政治

2008年4月3日

野党3党、連合体「人民同盟」を結成

〈ペタリンジャヤ〉 人民正義党(PKR)、民主行動党(DAP)、汎マレーシア・イスラム党(PAS)の野党3党は4月1日、新たな野党連合「人民同盟」(PR)を結成すると発表した。野党が政権を握っている▽ケダ▽クランタン▽ペラ▽ペナン▽セランゴールの5州における政策で同一歩調をとる方針を確認。近く3党トップで構成する「リーダーシップ評議会」を設置し、PRの活動細則などを取り決める。

共同記者会見には、野党第1党PKR の顧問であるアンワル元副首相とワン・アジザ党首、DAPのリム・キッシャン前党首、PASのハディ・アワン党首が顔をそろえ、アンワル氏は、連邦憲法でうたわれている宗教や民族によらないすべてのマレーシア国民の権利と利益の保護を公約に掲げた。4月27日に、PR所属の下院議員および州議会議員による大会を開催する方向で調整中だという。

またアンワル氏は、イスラム原理主義政党であるPASが公約に掲げているイスラム国家樹立の問題については、PRにおいてはイスラム化を含むいかなる体制の変化も目指さないことを確認したと強調。ハディ・アワン氏も、PAS自身がイスラム化の方針を撤回するかどうかについては確言を避けたものの、PRにおいて同問題を持ちだす考えのないことを明らかにした。リム氏は1999年の総選挙で野党連合「代替戦線」(BA)が大敗した教訓から、PRにイスラム化の政策を盛り込むことをDAPとしては受け入れることはできないとクギを刺した。

3月8日の総選挙で大躍進した野党は、5州の政権を獲得したほか下院選でも全222議席中82 議席を獲得し、憲法改正が可能になる3分の2の議席を与党連合・国民戦線(BN)が獲得するのを阻んだ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP野党3党、連合体「人民同盟」を結成