シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「現在の所得に満足」は60%=NST調査

経済

2007年11月28日

「現在の所得に満足」は60%=NST調査

〈クアラルンプール〉

「ニュー・ストレーツ・タイムズ」の世論調査で、国民の関心が経済問題に最も多く向けられていることが分かったが、この中で「現在の個人所得額に満足している」との答えは平均60%と9月の調査を上回った。
民族別で最も「満足している」率が高かったのはマレー人の70%で、5月に公務員の昇給が発表されたことが影響しているとみられる。華人とインド人は共に46%にとどまったものの、前回調査は上回っている。
家計の状況については、収入が「必要に足る」あるいは「必要を上回る」との回答は平均77%。経済的に恵まれているとみられる華人やインド人の方がマレー人より低く、「恒常的にやり繰りに苦労している」との回答はマレー人が2%にとどまっているのに対し、華人は10%、インド人は6%に上った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「現在の所得に満足」は60%=NST調査