シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP馬・星両国が格安航空運航を許可、来年2月から

国際

2007年11月28日

馬・星両国が格安航空運航を許可、来年2月から

〈クアラルンプール〉

マレーシアとシンガポールの両国は、クアラルンプール(KL)―シンガポール間における格安航空会社の就航を来年2月より認めることを決めた。シンガポール運輸省が11月23日、明らかにした。便数は毎日4便で、マレーシアのエアアジアとシンガポールのタイガーエアが就航するとみられる。両国はさらに、2008年12月にKL―シンガポール間を完全自由化することで合意した。
2009年に予定されていた航空自由化を前倒し実施する意向を示している両国は、先の第13回東南アジア諸国連合(ASEAN)運輸相会議に続いて、今月22、23日の両日にわたって実務者協議を行っていた。来年1月には再び両国運輸省が会合をもち、さらなる自由化について話し合う予定だという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP馬・星両国が格安航空運航を許可、来年2月から