シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスピリットエアロ、スバンに新工場

経済

2007年11月27日

スピリットエアロ、スバンに新工場

〈スバン〉

航空機部品製造のスピリット・エアロシステムズ(ヨーロッパ)は、セランゴール州スバンに5,000万米ドル(約56億円)を投じて組立工場を建設する計画だ。ボーイングやエアバス機用のコンポジット部品を組み立てる。
工場はスバンのマレーシア国際航空センター内に建てられる予定。12月に建設を開始し、2009年第1四半期までの完成を目指す。マレーシア法人のスピリット・エアロシステムズ・マレーシアが運営し、商業機向けのコンポジット翼部品を組み立てる。部品の75%がマレーシア製だという。同工場が完成すれば、スピリット・エアロシステムズの売り上げの3分の1を占めると見込まれている。
スピリット・エアロシステムズは、1998年に最初の生産施設をマレーシアに設置。2000一03年にはマラッカに、欧州からコンポジット製造事業をを移していた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスピリットエアロ、スバンに新工場