シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレー人の水準引き上げ、5つの計画提案

政治

2007年11月7日

マレー人の水準引き上げ、5つの計画提案

〈クアラルンプール〉

与党、統一マレーシア国民組織(UMNO)が11月5日開いた婦人部、青年部全国代議員大会で、ナジブ・ラザク副総裁(副首相)は国家の水準を引き上げる方策として、最高水準の知力を裏付けとする「グローカル」なマレー人の育成など、5つの計画を提案した。
「グローカル」はグローバルとローカルを組み合わせた造語で、「グローバルな視野で考え、地に付いた行動をとれる」市民を指す。
残る4計画は、▽国家建設の中核要素としての知識、教育▽文明の土台としての宗教、文化▽強さの源泉としての経済成長と富の公平な分配▽すべての前提条件としての政治的安定一一。
人材開発についてナジブ副総裁は、「子どもの教育への投資が最も重要だ」と強調した。さらに権力分配は政治の領域だけでなく、経済も含められるべきとし、マレーは経済活動にさらに携わるべきと経済分野への進出を促した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレー人の水準引き上げ、5つの計画提案