シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMAS子会社にスバン一シンガ線認可へ

社会

2007年11月1日

MAS子会社にスバン一シンガ線認可へ

〈スバン〉

チャン・コンチョイ運輸相は10月29日、マレーシア航空(MAS)の格安部門、ファイアフライ航空に対して、スバン一シンガポール線の就航を認める方向で検討する考えを明らかにした。
同航空のペナン一スバン線の就航式に立ち合ったチャン大臣は、両国間の問題であるため、シンガポールの同意が不可欠だと強調。先に承認を与えたエアアジアのシンガポール乗り入れ事案と共に、東南アジア諸国連合(ASEAN)運輸相会議の中で正式にシンガポール側に提案する方針であることを明らかにした。
その上で同相は、クアラルンプール(KL)新国際空港(KLIA)を域内ハブ空港として発展させていく政府の方針には変わりはないと述べ、スバン空港についてはあくまで近距離路線だけをカバーするプロペラ機のみの乗り入れに限定すると強調した。
先ごろ政府が承認したエアアジアのシンガポール乗り入れに反対するMAS側は、代償措置として政府に対しスバン一シンガポール線開設の承認を求めていた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMAS子会社にスバン一シンガ線認可へ