シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP東京の賃貸マンション、アスコットが122億円で買収

経済

2007年11月14日

東京の賃貸マンション、アスコットが122億円で買収

サービス住宅大手、アスコット・グループの不動産投資信託、アスコット・レジデンス・トラスト(ART)は東京区部の賃貸マンション18棟509戸を122億円で投資会社から購入する契約を交わした。
ブロードバンド(高速大容量)通信、エアコン、キッチン、作りつけ衣装戸棚完備の住宅で、ワンルームタイプが中心。
住宅所在地は、新宿、文京、目黒、世田谷、中野、杉並、練馬、台東の各区で、ゼスティ、ジョイシティ、ガーラ、アジールコートのブランドのマンションだ。来年は4.1%の投資利回りが見込めるという。ARTは全額、借入金で購入費用を賄う。
マンションの経営には、アスコット・グループが60%、三菱地所が40%出資して設けたアスコット・インターナショナル・マネジメント・ジャパンが当たる。
ART運営会社によると、マンションの入居率は現在、90%。賃貸契約期間が長いため、安定的収入が見込めるという。住宅の建築年数は平均して1年半。
ARTは東京でサービス住宅を経営している。今回の買収で、ARTの保有住宅は7カ国10都市に3,463戸、額にして13億4,000万Sドル(約1,064億円)になる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP東京の賃貸マンション、アスコットが122億円で買収