シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP物流の効率順位、シンガポールが世界1位

経済

2007年11月8日

物流の効率順位、シンガポールが世界1位

世界銀行が行った世界各国の物流効率の高さに関する調査で、シンガポールが1位にランクされた。わずかの差で2位だったのは、ロッテルダム港を抱えるオランダ。以下10位までは、ドイツ、スウェーデン、オーストリア、日本、スイス、香港、英国、カナダだった。
世銀は国際貨物業に従事する業者800社を調査。物流評価指数(LPI)として点数化し、順位をまとめた。
調査項目は、通関手続き、物流経費、インフラの質、貨物追跡能力、時間通りの貨物送達能力、物流産業の能力などで、貨物処理に信頼が置け、発送、到着などの予測がつくことが、ますます重要になっているという。
シンガポールは「ポートネット」という情報管理ポータル(玄関)サイトの存在が大きい。ターミナル運営情報だけでなく、船のスケジュールや積荷の種類、通関、代金決済など、海運会社、貨物回送業者、政府機関など全当事者の情報をオンラインでまとめ、誰でも確認できるシステム。シンガポールに向かう船が出港時に情報を送信すると、港で直ちに通関作業が開始され、入港した時にはほとんどの手続きが完了しているという効率の高さが特徴。
中国本土は、貿易は急増しているものの、順位は30位と低かった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP物流の効率順位、シンガポールが世界1位