シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス通年決算、9.9%の増益を記録

社会

2007年6月29日

ペトロナス通年決算、9.9%の増益を記録

【クアラルンプール】 
 国営石油会社のペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)は6月28日、2007年3月期通年決算を発表し、グループ全体の税引き前利益が前年比9.9%増のRM763億に達したことを明らかにした。原油価格の上昇が売り上げの拡大を後押しし、売上高は前年比10%増のRM1,841億に達した。純利益は7.7%増のRM464億。総資産は7.9%増のRM2,946億となった。
 売上高を分野別でみると、RM627億に上った売り上げトップの石油製品は前年比で12.8%の増加。これに次ぐ原油はRM454億で10.7%増加した。液化天然ガス(LNG)は1.4%増のRM289億で、石油化学製品は9.4%増のRM139億だった。
石油製品や石化製品などの製造・加工部門の売り上げは5.4%増のRM1,029億となり、全体の55.9%を占めた。海外事業は19.4%増のRM676億と躍進し、輸出は0.1%減のRM734億にとどまった。
 原油・天然ガスの日産量は、2.7%減の161万1,400BOE(バレル換算)。国内だけに限れば112万8,200BOEと、3.1%のマイナスとなった。また2007年1月1日時点でのマレーシア国内の石油・ガス埋蔵量は1.4%増の201.8億BOEとなった。モハマド・ハッサン・マリカン社長は、製造・加工部門と海外事業の成長を評価した上で、懸念される要素としてリンギ高・米ドル安を挙げた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス通年決算、9.9%の増益を記録