シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、ロシアで探査事業に乗り出しへ

経済

2007年6月25日

ペトロナス、ロシアで探査事業に乗り出しへ

<モスクワ> ロシア公式訪問日程を終えたアブドラ首相は6月20日の会見で、マレーシア国営石油会社のペトロナスが、エネルギー事業について同国のガスプロム、ロスネフトと交渉を持っていると明らかにした。ガスプロムは世界最大の天然ガス会社で、先にペトロナスとの間で油田・ガス田開発に関する協力で合意。ロスネフトはロシア最大の国有石油会社で、ペトロナスがUS$11億出資している。
アブドラ首相は、「取引の内容は明らかにできない」としたが、巨額の取引になることは確かだという。これまでに伝えられた情報によると、ペトロナスはロシアにおける石油・ガス探査に関心があり、共同で事業を推進する意向だ。
アブドラ首相は6月18日、プーチン大統領と会談。相互投資を促進することで合意した。年末をめどに、投資保証、二重課税撤廃および知的財産保護に関する協定を交わす。首相訪問に合わせ、リムコクウィン大学はロシアの3つの教育機関と共同学位協定に調印した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、ロシアで探査事業に乗り出しへ