シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイオン株が過去最高を記録

経済

2007年6月19日

イオン株が過去最高を記録

【クアラルンプール】
イオン・マレーシアの株価が先週、過去最高を記録した。個人消費が今年第1四半期に大幅に成長したことと、第9次マレーシア計画(9 MP、対象期間2006~2010年)に裏打ちされた経済成長で、小売り企業に対する期待が増加したためと見られる。
マレーシア小売業協会(MRA)が先週発表した報告書で、第1四半期の小売り販売高は前年同期比8.4%成長の595億リンギに達した。イオンはそうした小売りの成長の中でも、特に恩恵を受けた企業とされており、1~3月期の同社純益は2,691万リンギだった。前期からの下落幅は0.6%にとどまった。アナリストによると、小売業では第1、第2四半期が1年で最も売り上げが落ちる時期だとされているだけに、同社の第1四半期の業績は投資家にとって朗報となったという。
またアフィン・インベストメント・バンクは、今年の同社既存店での売り上げ成長率は5.6%に達すると見込んでおり、昨年10カ月間の成長率2.7%を大幅に上回ると予想した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイオン株が過去最高を記録