シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガソリンスタンド、「秘密の割引」が廃止

社会

2007年3月1日

ガソリンスタンド、「秘密の割引」が廃止

ガソリンスタンドにおける「秘密の割引」がほぼ全面的に廃止された。
「秘密の割引」とは、料金板に掲示されている割引に加え、スタンドチェーン専用カード所持者にのみ提供される割引で、「透明性に欠ける」といった不満が利用者の間にあった。
こうした慣行に別れを告げたのが、カルテックスのブランドで33店を経営するシェブロンで、2月初旬、「割引の明瞭化」を打ち出した。
ところが、カルテックスの動きを受け他のスタンド業者が、「自分のところが最初に料金を明確にした」と主張する「明瞭化」一番手競争が起きている。68店を展開する二位のシェルは、「昨年7月から割引率を明確に表示してきた。わが社が先陣を切った」と主張。
一方、39店を経営する地場資本のシンガポール・ペトロリアム(SPC)も、「昨年7月21日に、従来の慣行から脱却し、最初に料金の明確化に踏み切った」と譲らない。しかしすべてが明瞭になったわけではない。
スタンド経営会社はクレジットカード業者とも提携しており、特定のカードを利用すれば、割引価格にプラスしてさらに割引あるいはポイントが提供される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガソリンスタンド、「秘密の割引」が廃止