シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフォーミュラワン誘致、4月にフォーラム開催

社会

2007年2月22日

フォーミュラワン誘致、4月にフォーラム開催

シンガポールで早ければ来年、モータースポーツの最高峰「フォーミュラワン(F1)」が開催される可能性が高まっているが、これに合わせ4月3・4日の両日、F1に関するフォーラム「モータースポーツ・アジア」が開催される。
主催者はF1誘致活動にかかわっているUPメディアで、「こうした世界的なイベントの開催で生じるビジネスの機会を、企業、国民、行政に広く知ってもらうのが狙い」(UPメディアのアナンド・バティヤ取締役)。
スピーカーの一人は、F1のトップチームである、チーム・マクラーレン・メルセデスを構成するマクラーレン・レーシングのジョナサン・ニール代表。F1チームの多くは英国を拠点としており、同国のモータースポーツ産業はS$90億の規模を誇る。
F1レースの誘致を計画しているのは、ホテル・プロパティーズのオン・ベンセン氏と、SUTLグループのアーサー・テイ氏。
シンガポールで開催の場合、街路を使ったレースとなる。
開催が決まった場合の費用はUS$7000~7500万。US$3000万が開催権として支払う代金。国際自動車連盟(FIA)の要件を満たした街路整備がUS$4000万~4500万だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフォーミュラワン誘致、4月にフォーラム開催