シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP-東京-日本でイスラム金融をアピール=中銀総裁

政治
経済
金融

2007年1月24日

-東京-日本でイスラム金融をアピール=中銀総裁

中央銀行バンク・ネガラのゼティ総裁は22日、日本で開かれた、イスラム金融に関するセミナーで基調演説を行った。
同演説でゼティ総裁は、イスラム金融は世界金融の安定に貢献できると強調。イスラム圏だけでなく西側諸国で急成長を遂げていると述べ、役割の大きさをアピールした。また、イスラム金融を発展させることで、世界金融の不均衡を調整することに部分的に貢献できるとし、これによりリスク分散の強化や国境を越えた資産の流通の効率化といった利点が得られると指摘した。
バンク・ネガラは同日、イスラム金融の普及と促進に向け協力することで、日本の国際協力銀行との間で覚書を締結した。国際協力銀行は、同覚書により、アジア地域のイスラム金融の発展に貢献することが期待されるとする声明を発表した。

■昨年の経済成長率は5.8%超と楽観視■
ゼティ総裁は同セミナー終了後、昨年の経済成長率について記者団から質問を受け、5.8%を超えるとの楽観的な見解を示した。今年は6%とした。マレーシア経済研究所(MIER)は昨年を5.9%成長、今年を5.2%成長と予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP-東京-日本でイスラム金融をアピール=中銀総裁