シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP上位1,000社の売上高合計、1兆ドルの大台に

経済

2007年1月22日

上位1,000社の売上高合計、1兆ドルの大台に

シンガポールで活動する企業上位千社の昨年の売上高合計は前年比26%増の1兆1,600億Sドルで、初めて1兆ドルの大台に乗った。

純利益合計は19%増の723億Sドル。中小企業(SME)上位500社の利益合計も9%増の6億3,420万Sドルと好調だった。

数字は各企業が公表した財務諸表から、DPインフォメーション・グループがまとめた。

売上高上位は石油関連が多く、上位10位のうち七社が石油関連。売上高首位はシェル・イースタン・トレーディングの683億Sドル。

利益首位はグラクソ・ウェルカム・マニュファクチャリングの65億9,000万Sドル。運輸・通信分野ではシンガポール・テレコムが41億6,000万Sドルで1位。エクソンモービル・アジア・パシフィックが18億3,000万Sドル。

シンガポール上場企業上位500社の成績もまとめた。利益率は1,000社およびSMEと比べ高く、特にサービス業の利益率が高かった。

SMEのランキングでは、売上高上位はユニオン・コンセプト・マニュファクチャラーズなど。利益では2Gキャピタルが2,900万Sドルで1位。

売上高が顕著に増加したゴン・グアン・リソーシズとアース・アーツが有望企業に選ばれた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP上位1,000社の売上高合計、1兆ドルの大台に