シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資産運用事務所、大和証券が開設

金融

2007年1月22日

資産運用事務所、大和証券が開設

大和証券は19日、資産運用事務所を開設した。この種の事務所は海外初。アジアおよび中東の資産家に運用サービスを提供する。

開所式でシンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)幹部のン・ナムシン氏は、「シンガポールがプライベートバンキング、ファンド運用拠点として選ばれているのは、社会、政治的安定、クリーンな法的枠組み、金融分野に対する健全な監督、豊富な人材が理由だ」と述べた。

またアジア、中東経済の見通しが明るく、シンガポールにおける資産運用サービス需要は今後も拡大が予想されるという。

石油価格の上昇で中東の資産が増加しており、金融資産が百万米ドル超の個人は同地域に30万人いるとされる。

シンガポールで運用されている資産の80%は海外資産。特に中東が出所の資産が30%ほどの高い増加率を示している。

シンガポールは最近、信託サービスに関する法改正を行っており、この分野で成長の潜在性が見込めるという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資産運用事務所、大和証券が開設