シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP典型的起業家は40歳以下の男性で高等教育を修了

社会

2007年1月11日

典型的起業家は40歳以下の男性で高等教育を修了

シンガポールの典型的起業家は年齢40歳以下で、高等教育を受けている――DPインフォメーション・グループと、起業のための行動コミュニティー(ACE)の調査で起業家の平均的横顔がわかった。

調査を受けたのは創業して3年未満の企業582社。創業3年目までに黒字を計上した企業の割合は63%、初年度に黒字も36%あった。

ACEは調査結果を分析し、起業の実態と、政府支援制度のギャップを明らかにし、改善策を提案する。

事業を興した経営者の年齢では、30歳以下が20%、31~40歳が45%と、40歳以下が過半を占めた。

性別では男性が70%余り。教育水準では、中等教育かそれ以下が30%弱、Aレベル(高等教育機関入学資格)が28.5%、学士以上が42%。

興した事業の関連分野で勤務経験があるとの回答は89%に達した。

当初の投資額は、10万Sドル未満との回答が73%、5万Sドル未満が42%。自己資金が主との回答が77%で、27%は家族、友人の助けを借りたと回答した。

事業開始後も運転資本は経営者の資金に依存、との回答が90%に上った。政府助成制度を利用したとの回答は5%に満たなかった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP典型的起業家は40歳以下の男性で高等教育を修了