シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトラック強盗、昨年は3500件

社会

2007年1月5日

トラック強盗、昨年は3500件

【ブキ・メルタジャム(ペナン州)】
トラックを狙った強盗の被害届が、昨年は3,500件にのぼり、運送業界が恐々としている。ブキ・メルタジャム代表の国会議員、チョン・エン氏によると、被害が集中しているのは南北高速道路沿いの休憩所で、狙われるのは▽銅▽プラスチック部品▽アルミ・鉄の屑▽日用食品――など。トラック1台が運ぶ銅は100万リンギ相当、プラスチック部品は8万~10万リンギ相当にのぼる。
警察による解決率は26%のみで、業者は被害届を提出するのは時間の無駄と考えている。
また、被害額は保険金でも補いきれない状況だという。チョン氏は、大規模なシンジケートが背後にあるとの見方を示した。
北部地域トラック業者連盟のリー・ペンケー会長によると、会員企業が被害を訴える内容が華字紙に掲載されたところ、同企業に「マスコミに出た代償を払ってもらう」との脅迫電話がかかり、同日、銅を運ぶトラックが強盗被害に遭ったという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトラック強盗、昨年は3500件