シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPコンフォートがタクシー運賃を値上げ

経済

2006年7月4日

コンフォートがタクシー運賃を値上げ

陸運大手のコンフォートデルグロは10日からタクシー運賃を引き上げる。原油高による燃料油の値上がりに対応する。
初乗り運賃(最初の1キロ)は2.5Sドルに10セント値上げ。その後の料金加算は、10キロまで225メートルごとに10セントから、210メートルごとに10セントに改定する。
ピーク時の割増料金は1Sドルから2Sドルへ引き上げ。待ち時間の短縮が狙いだという。ピーク時の定義も週休2日制を反映させ、月曜~金曜の午前7時~9時半に改める。
ベンツを使ったタクシーの初乗り運賃は2.8Sドルに20セント引き上げる。運転手に対するタクシー賃貸料金は据え置く。
コンフォートデルグロは、コンフォート、シティーキャブ、イエロートップを運営する業界トップ。15,800台を保有している。零細タクシー業者は追随値上げを計画している。約2,700台を保有している2位のSMRTも、「必要があれば調整する。値上げは経費増に対応でき、運転手の収入も増える」と値上げに前向きだ。
タクシー運賃の値上げは8年ぶり。コンフォートデルグロによると、軽油価格は過去2年間で倍に上昇し、経費負担が増している。同社は運転手に対し、軽油を特別割引価格で提供している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPコンフォートがタクシー運賃を値上げ