シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスターハブ、サッカーW杯視聴は有料に

社会

2006年3月29日

スターハブ、サッカーW杯視聴は有料に

ケーブルテレビを経営する総合通信会社のスターハブは、6月10日にドイツで開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)について、有料で放映することを決定した。
スターハブは当初、スポーツ・グループに契約している加入者は追加料金なしですべての試合を視聴できるとしていた。しかしマーケティング担当幹部は27日、「スポーツ放映権料はどれも急騰しており、広告収入だけでは経費増を賄いきれない」と釈明した。
W杯は全64試合。スポーツ・グループ加入者でかつ全試合生中継での視聴を希望する場合、視聴料は4月30日までに申し込むと10ドル50セント、5月1日以降は15ドル75セント。
スポーツ・グループに加入していない場合視聴料は26ドル25セントで、8試合は録画放送。
02年の前回W杯の視聴者数は推定268万人だった。
スターハブは一部の試合について、放映権をメディアコープに再販する計画だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスターハブ、サッカーW杯視聴は有料に