シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第4 4半期GDP成長は7.7%、速報値

経済

2006年1月6日

第4 4半期GDP成長は7.7%、速報値

通産省は3日、昨年10月と11月の統計に基づく第4 4半期の国内総生産(GDP)成長率は7.7%(速報値)だったと発表した。通年では5.7%になる。
成長率はエコノミストの予想を上回った。前期比増加率は年率9.7%(季節調整済み)で、この勢いは今年上期中は持続される見通しだ。
今年の景気動向についてDBS銀行のエコノミストは、「雇用改善、賃金上昇、消費者心理の改善が消費支出を押し上げる」と予想。また二月中旬に上程される新年度予算案も選挙を意識した内容になると見ている。
UOB銀のエコノミストも上期ついて、好景気を予想。下期は世界経済の減速が予想されるため、内需が経済をけん引するという。
昨年のGDP統計の内訳は、製造業の成長率が8.6%、非製造業が5.4%。建設分野の第4 4半期成長率は0.8%だったものの、通年では1.5%のマイナスだった。今年は大型の事業案件の実施、不動産市況全般の改善でプラス成長が期待できそうだ。
今年のGDP成長率予想は、DBSが5.3%、UOBが5.4%。DBSは、米経済の減速とインドネシアにおける消費支出の低迷を懸念材料に挙げている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第4 4半期GDP成長は7.7%、速報値